マーベロンはスゴイ!ニキビ改善もでき肌が綺麗になる

不妊治療や体外受精などを行う婦人科ではピルの処方も行っています。
各製薬メーカーから様々なピルが製造されていますが、その中でも日本人女性に合っていると言われているのが「マーベロン」です。
マーベロンには卵胞ホルモンと同じ作用をする「エチニルエストラジオール」と、黄体ホルモンと同じ働きをする「デソゲストレル」というホルモン製剤が主成分として配合されています。

婦人科ではホルモンバランスが原因の大人ニキビの治療に、マーベロンを処方するケースも少なくありません。
大人になってからニキビに悩まされるようになったという女性の場合、女性ホルモンのバランスの崩れが原因となっているケースが多いようです。

排卵後、女性の体内では黄体ホルモンという女性ホルモンの分泌量が増加します。
黄体ホルモンは妊娠しやすい身体作りをしてくれるホルモンです。
女性にとっては欠かせない女性ホルモンなのですが、過剰に分泌されてしまうと問題を起こす場合があります。

黄体ホルモンは皮脂の分泌を促すという作用も持っています。
多く黄体ホルモンが作られると過剰な皮脂によって毛穴が詰まり、ニキビが出来やすくなるというメカニズムです。
またストレスなどで女性ホルモンバランスが崩れると、男性ホルモンの働きが優位になります。
実は女性の体内でも少量ですが、男性ホルモンが分泌されているようです。
男性ホルモンも皮脂を増加させるホルモンですので、結果ニキビが出来やすい肌環境となってしまいます。

マーベロンを服用する事によって、身体の外から卵胞ホルモンと黄体ホルモンをホルモン製剤で補う形となります。
女性ホルモンの量が一定にキープされるので、黄体ホルモンや男性ホルモンによって皮脂が増えるのを予防する事が可能です。
マーベロンは低用量ピルに分類されており、ホルモン製剤の含有量が少ないという特徴があります。
副作用も起こり難く安心して服用できるピルとして、ニキビ治療としても多く処方されています。

マーベロンは体外受精を促すためにも使用される

日本人女性に合っている「マーベロン」は、ホルモンバランスの崩れによって男性ホルモンが優位になる事で起こる大人ニキビにも、処方されている低用量ピルです。
またクリニックによっては、体外受精を行う際にも処方されるケースがあるようです。

マーベロンには卵胞ホルモンと黄体ホルモンと同じ作用をする、ホルモン製剤が含まれており服用すると脳が妊娠していると勘違いするという働きをします。
この影響によって卵胞を育てるホルモンや排卵させるホルモンの分泌が抑制されて、排卵もストップし卵巣も休眠状態へと移行します。
妊娠を希望する女性にとって、排卵自体を止めてしまうという事に違和感を覚えるかもしれません。

体外受精を成功させるには良質な卵子を育てる必要があります。
マーベロンを服用する事によって、卵胞の成熟度を揃い良質な卵子がより多く育つ働きを得られます。
またマーベロンを体外受精に使うという場合、排卵を止めたことの反動で良い卵子を作りやすくするために、処方するクリニックもあるようです。

排卵を一時的にストップさせると、排卵しようという本来女性の身体が持つ機能を高める効果もあります。
マーベロンを服用した時の反動で、それまで排卵が無かった場合にも排卵が起こる可能性が高まります。
体外受精では、卵子を育てる卵巣の機能を正常化するという事が、成功を左右する重要なポイントの1つです。
マーベロンを上手く活用すれば、排卵の機能を正常に戻せるかもしれません。

排卵を促すためにマーベロンを服用する場合、3ヶ月から半年程度は続ける必要があります。
マーベロンは他のピルと比べると副作用が起こり難い事もあり、長期間利用しても問題が起こり難いというメリットを持っています。