ピルは避妊だけではなく生理緩和もできる

ピルには避妊効果だけでなく、生理通を緩和させる効果もあります。
実際ひどい生理痛に悩まれている方の中には、避妊目的ではなく、生理緩和を目的としてピルを服用する人もいます。
生理の痛み止めの薬を飲んでいても生理痛が改善されない場合は、婦人科でピルを処方してもらうのも選択肢のひとつです。

生理痛は、子宮内膜の中のプロスタグランジンという物質が子宮の収縮を促すことによって引き起こされます。
ピルが含む卵胞ホルモンと黄体ホルモンには、身体の中にあるこの二つのホルモン量を調節し、子宮内膜の増殖を抑える効果があります。
それにより子宮収縮による痛みを緩和させるというのが、ピルが生理痛を緩和させる仕組みです。

またピルを飲むことによって排卵が抑制されるので、生理で排出される血液の量も抑えることができます。
生理の日数も少なくなり、夜や生理の始まりの出血が多い時期に、ナプキンから血液が漏れる心配も減ります。
まれに出血量がゼロになる場合もあります。
また、血液の排出量を抑えることで貧血の改善にもなり、女性にとっては嬉しい効果です。

生理緩和を目的に使用されるピルの多くはホルモン量の少ない低用量ピルであり、副作用も少なく、生理がはじまったばかりの思春期から使い始めることができます。
仕事もそうですが、学校の授業中や受験前など、大切な時期に生理痛が原因となって支障がでるのは避けたいことです。
また10代のうちは頸管部という部分が細いため、経血を押し出すときに痛みが強くなることもあります。
生理痛に悩んだら、学生の場合は必ず親や病院の先生と相談をして、処方してもらうようにしましょう。

生理緩和を目的としてピルを服用する場合、気を付けなくてはならないのは、毎日欠かさず服用をすることです。
ピルは毎日飲むことによって効果を発揮します。
飲む時間帯は特に決められていませんが、毎日服用する時間を決めておき、服用を習慣化させておくと良いでしょう。

生理痛になる仕組みについて

生理緩和でピルを服用し生理痛和らげることができる理由には生理痛の起きる仕組みがかかわっています。
プロスタグランジンは、子宮収縮を起こす作用以外にも、子宮への血流も減少させますが、血流が減少することにより子宮内の神経が過敏になり痛みを引き起こします。
神経が敏感になっていることにより子宮収縮の痛みをより感じやすくなっていることが生理痛となって現れるのです。

この原因物質であるプロスタグランジンの影響は生理の時期によってことなり、生理直前と生理開始2、3日の間にプロスタグランジンは急激に増えます。
子宮の収縮は生理の経血を排出するために必要なのですが、量が多すぎると排出するための収縮が強くなり痛みが強くなる傾向があります。
生理の時に腰痛が出る方もいますが、これもプロスタグランジンの影響です。
プロスタグランジンは血管を収縮させる作用もあり血管の収縮は腰痛を引き起こし体の冷えも引き起こします。
プロスタグランジンの影響はデータとしてもあらわれており、生理痛のある女性と生理痛のない女性の子宮内膜や経血に含まれるプロスタグランジンの量を調べたところ、生理痛のある女性はプロスタグランジンの量が多いです。

また、生理中は骨盤内のうっ血が起きやすく、うっ血することによって下半身の血流が悪くなります。
このことにより下腹部の鈍痛や生理中特有の鈍い痛みのでる腰痛が起きるのです。
血流が悪くなると自律神経も乱れてしまい、自律神経の乱れは頭痛の原因になります。

このように、生理痛になる原因にはホルモンやプロスタグランジンなどの物質の影響が大きいため、軽い生理痛であれば半身浴で血流をよくするなど対処療法で改善も見込めますが、辛い症状であればピルによる生理緩和で生理痛を抑えることも必要になるでしょう。