女性にとって体のホルモンバランスを整えることで、規則正しい生理日が来るようになります。
パートナーとの性行為で確実に避妊成功率を上げたいのであれば、コンドームと併用してトリキュラーなどの低用量ピルを用いる方法が注目されています。
ただトリキュラーは婦人科などの医療機関で処方してもらう必要があるので、医療機関に頻繁に行く時間が取れないという方は、通販サイトを活用してまとめ買いをする方法をとる方が増えています。

通販でトリキュラーを購入すると病院代が浮く

通販でトリキュラーを購入する女性

トリキュラーの購入は主に二通りの方法があり、産婦人科で医師の診察を受けて処方してもらう方法と、専門通販サイトを利用して購入する事ができます。
トリキュラーはドラッグストアなど市販で販売されていないため、購入をする場合は医薬品を取り扱っている通販サイトを活用することで誰でも手軽に購入することが出来るメリットがあります。

産婦人科で処方を受ける場合、医師の診察を受けた上で適切な量を処方されることや効果や使い方の説明をしっかりと受けることができるので、初めてトリキュラーを利用しようと思っている方は必ず医師の診察の元購入をしましょう。
医師のもとで処方してもらえば、万が一服用したことでトラブルが起こっても適切なアフターケアを受けることができます。
ただ処方してもらうためには、産婦人科でかかる診察料、処方箋料、交通費もかかるので、薬の価格以上に費用がかかってしまうため、少しでも安い費用で抑えたいと思っている方には大きなデメリットになります。
一度の利用なら特に問題はありませんが、定期的にトリキュラーを服用する必要がある方は一度でまとめて薬をもらうことができません。
その理由として病院によって1度の診察でもらえるトリキュラーの数が少ないことから、継続して服用したいと思っている場合は産婦人科に通院する必要が出てくるのです。

そこで便利になってくるのが通販サイトを活用する方法です。
通販サイトを利用するとトリキュラーの値段が病院処方よりも安いので、自分の必要な数だけまとめ買いをすることが出来るメリットがあります。
また通販サイトによってはまとめて購入することで割引が受けられる場合もあるので、まとめ買いをすることで通常価格よりもさらに安くする事ができます。

また定期的に自宅から産婦人科に通院をする必要がなくなるので、自宅で好きな時間に通販サイトで注文出来るのも忙しい毎日をおくっている方に向いています。
通販サイトによっては発送先から直接自宅に届くように、送付先を指定して届けてもらうことが出来るので、どこかに受け取りに行ったりする手間がなく、自分がいる場所を指定して受け取ることが出来る点も人気になっています。
そのため通販サイトを利用するのは、安く手間なく、自分の必要な分のトリキュラーを購入出来る点が最大のメリットになります。

トリキュラーは高い避妊成功率があるピル

トリキュラーはバイエル社から販売されている低用量ピルの一つで、高い避妊成功率が最大の特徴なので正しく使うことができればほぼ100%避妊することが可能です。
トリキュラーの有効成分には、卵胞ホルモンの一つであるエチニルエストラジオールとレボノルゲストレルが使用されているので、この二つの女性ホルモンを体に取り入れることで、体内のホルモンバランスを排卵後と似た状態に変化させることができます。

体のホルモンバランスが変化することで、脳がすでに排卵していると判断し排卵が起こらなくなります。
この効果から避妊の効果がぐっと高くなり、確実に避妊対策を行いたいと思っている場合に強い味方となります。
服用する場合は、21錠タイプと28錠タイプの二つから自分にあった方法を選択する必要があります。
この二つの効果に違いはありませんが、28錠タイプにある最後の7錠分は成分の配合されていない偽薬であり、休薬期間をわかりやすくするために多く入っている特徴があります。

またトリキュラーは高い避妊効果がある以外にも、生理痛の軽減や月経不順の改善、女性特有がんのリスク軽減など女性の生活を快適にするメリットがたくさんあります。
特に年齢を重ねて体のホルモンバランスが崩れやすくなると、若い頃よりも生理痛が強くなってしまったという場合や、スムーズに生理日が来ないという月経不順にも高い効果があるので、服用することで心身ともに安心感を得ることができます。
トリキュラーは三相性型ピルと呼ばれる低用量ピルに分類されるので、含まれている女性ホルモン量が3段階で変化します。
トリキュラーを服用することでホルモン量を変化させると、体内のホルモン分泌パターンに近づけることができるので、摂取する総量を減らすことができます。

摂取量を減らすことができれば、トラブルを軽減させる効果も高くなるので女性にとって体に優しい低用量ピルとして人気が高くなってきています。
通販サイトでまとめ買いをしておき、いつでも服用できるようにバッグなどにいれておくと、飲み忘れを防いで毎日きちんと飲み続けることができるので、より高い効果を与えることが可能です。
飲みはじめの頃は、吐き気や嘔吐、頭痛などが起こりますが継続して使うことで、ホルモンバランスの変化に体が慣れ、自然と解消されていきます。

トリキュラーを服用する時は毎日同じ時間に!

時計

トリキュラーを服用する場合に一番気をつけなくてはいけないことが、毎日飲み忘れないように注意する事と、毎日自分で決めた同じ時間で飲むことです。
トリキュラー自体は飲む時間帯が指定されていないので、自分が飲みやすい時間帯に服用することができます。
これは適切な服用効果を体に与えるためで、毎日忘れずに服用している場合も飲む時間帯がバラバラで、前日との服用時間に大きな幅ができてしまうと避妊効果が得られなくなってしまう危険があります。

特にトリキュラーは生理が始まった24時間以内にシートの1日目から服用を始め、前日服用した24時間後に服用することを21日間続け、7日間の休薬期間を設けた後に再度服用を開始する必要があります。
一日でも飲み忘れてしまったり指定されているトリキュラーの順番を前後間違えてしまうだけでも、避妊効果を失う原因となります。
長期間かけて服用する苦労を失わないためにも、飲み間違いや飲み忘れは行わないように注意しましょう。
実際にトリキュラーを服用し始めると、実際に避妊効果を得られるのは約一週間後だといわれています。
これは卵巣が眠るまでに約1週間の時間がかかるためなので、生理初日からの服用を正しく行っている場合は問題は起こりません。
ただ1週間分の服用が終わる前にパートナーに性交をした場合には、トリキュラーとは別の避妊対策を十分におこなようにすることが重要です。

また避妊効果が高いからといってコンドームの使用をしないという方はいますが、トリキュラーは性病予防の効果はないので高い避妊効果があるといっても、性病感染から体を守る効果はありません。
そのためコンドームなどの避妊具を使わず性交を行う機会が増えるため、性病の感染リスクは高くなります。
このようなトラブルから体を守るためにも必ずコンドームの使用は必須です。

体への負担が少ないトリキュラーですが、乳がんや子宮頸がんなどの卵胞ホルモンに関する病気の疑いがある場合や、血栓症の疑いがある方、心臓に関する持病がある場合や高血圧な方など持病のリスクがある方は、トリキュラーを服用するとトラブルが起こる可能性があります。
自分で服用が可能か確認ができないという場合は、産婦人科で診察を受けて医師に飲んでも大丈夫か確認することが重要です。